5000万円の資産を30代で築いた専業主婦


生命保険のお申し込みを頂くとき、年収や資産の額を聞くことがあるのですが、弊社のお客様で5000万円超の資産を30代で築かれたスゴ腕の主婦がいます。

といっても、マルチまがいの商売など、怪しげなことで築かれた資産ではありません。普通のサラリーマン家庭で、節約と投資によって築かれた資産だというから驚きです。

a0003_000710


「現在の資産は、投資用マンション2戸で、不動産は合計で1億円ほど。他に金融資産が3000万円程度です」

そう語るのは、佐藤和美さん(仮名・38歳)。会社勤めのときはバリバリの生保レディとしてキャリアを積んで、今は専業主婦の暮らしを楽しみながら、資産運用に腕をふるっています。

不動産の借入金を引いた純資産は約5000万円になるといいます。

夫は普通のサラリーマン。和美さん自身は去年、出産を機に会社を辞め、今は専業主婦をしていらっしゃいます。

投資を始めたきっかけ

実は和美さんの資産形成も、最初は天引き貯金からスタートしました。

「意識していないときはどんどん使っていたんです。これではいけないと思って、積み立て型の海外投資に毎月5万円、夫も含めボーナスは丸ごと貯金するようにしました」

投資を始めたのは結婚して数年ほど経ってから。

「最初は興味本位でFXや個別株に投資しました。でも、リーマンショックで大きく損してしまって・・・」

もともと勉強家の和美さんは、そこから損しない投資を学習すべく30冊以上も本を読み、結果として海外投資と不動産投資に目を向けられました。

「会社でどんなに頑張っても収入に反映されるのはごくわずかですよね。でも、投資だったら勉強して努力すれば、大きな成果が返ってきます」

どうやって資産を増やしたんですか?

最初は積み立て型の海外投資、そして不動産投資をスタートされたそうです。

「前はこまめに電気を消したり、お風呂の残り湯を洗濯に使ったり、主婦っぽい(笑)節約をしていたんです。でも、お風呂いっぱいの水って60円程度。待機電力を全部カットしても月額1000円程度が節約できるだけ。この程度じゃ全然効果はないなぁと感じて、思い切って投資することにしたんです。」

まずは毎月5万円を海外投資に。
それから貯金していた1000万円で、3LDKのファミリーマンションを購入して賃貸マンションとして投資にまわされたそうです。

「日本で売られてる商品だと、高くても年利1%ぐらい。でも海外投資だったら、年利10%ぐらいは期待できますよ。」

「これから人口が減るから、不動産投資なんて危険って言うひともいますよね?でもそれは全体論でしかなくて、人気のある場所でキチンと物件を管理すれば、預貯金とは比較にならない利回りになるんですよ」

毎月の決算記録はずっとトレースされているそうです。

「こまめに管理することが一番大切ですね。投資対効果って、自分で把握していないと分からなくなりますから。出た利益だけを使うのが我が家の方針です」

他に気にされていることはありますか?

大きなところから手をつけることですね。例えば住宅、生命保険、自動車ローン。このあたりは見直すというか、予算を決めてそれ以上は使わないようにしています。あとは、とにかく管理ですね。入ってくるお金と出ていくお金、キャッシュフローと、借入金やローンなど負債の額には気をつけています。来年には消費税増税がありますから、大きな買い物は来年の3月までに終わらせておこうと思っています。」

スゴ腕主婦に学んだ5つのポイント

プロのFPである私も、思わず舌を巻いてしまうほどの運用手法でした。
彼女に学んだ5つのポイントをご紹介します。

(1)削るのだったら、大きなところから
住宅、生命保険、自動車ローン。このあたりは見直し必須。

(2)計数感覚を磨く
ライフプランを考えた収入と支出の予測ができるようにする。

(3)楽観的な予想をしない
甘い予想をせずに堅く見積もる。「なんとかなるさ」はダメ。

(4)予算を決めてそれ以上使わない
出費の上限を決めておけば生活が安定する。

(5)出来るだけ現金を使わない
現金の動きは可視化できない。出来るかぎり、明細もあってポイントも付く、電子マネーやクレジットカードを利用する。

1つでも取り入れて何年か続けてみれば、大きな効果を産み出せそうですね!

いつかはゆかし

 

 

 

カテゴリー: ちょっとしたお金のコツ, ファイナンス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です