たった1回だけ受講するセミナーって殆ど時間とお金のムダだと思う件


日本人は、セミナーや勉強会、講演会の類いが本当に大好きです。

Facebookでも、今日セミナーやるよ!とか、勉強会に出席してきました!など、さまざまな書き込みがありますよね。これを読んでいるあなたも、最近なにかセミナーや勉強会のたぐいって受けたことありませんか?

セミナー

タイトルで「時間とお金のムダ」と書いておきながら矛盾しているようですが、実は弊社でも、だいたい2ヶ月に1度くらいの頻度で定期的にセミナーを行なっています。

内容はさまざまですが、わたしたちは生命保険の代理店ですので、

(1)企業の経営者向けセミナー

◆テーマ:保険を使った決算対策や事業承継などのやり方

(2)同業者の保険代理店向けセミナー 

◆テーマ:保険の比較販売セールスのやり方

(3)税理士向けセミナー 

◆テーマ:法人保険の活用法

(4)個人向けセミナー

◆テーマ:家庭で加入されている保険の見直し方法

このようなテーマのセミナーになります。

セミナーを開催する側からすると、これらのテーマに対して何を語るか、並々ならぬ気合いを入れて準備します。セミナーを聞きに来て下さった方が120%満足できるような場であって欲しいからです。わたしたちには「本当に使える生命保険の選び方のノウハウを知って欲しい」という理念がありますから、インターネットや本などでは絶対得られない保険を使った驚きの裏技や、プロでも知らない業界のウラ事情などをコッソリお話しすることも結構あります。

基本的に保険に興味がある方しか来ませんから、熱弁をふるったあとのアンケート結果は「興味のある分野で自分の知らないことを教えてもらった」ということで、だいたい好評価です。しかし、セミナーが終わったあとの聴衆の反応はものの見事に以下の2つに分かれます。

1.聞いたことに満足して(してないかもしれませんが・・)、さっさと帰る人

セミナーを聞いた証しとして名刺交換だけして帰る人も多いですが、きっと数ヶ月後にはセミナー内容を殆ど覚えていないでしょう。もしかすると参加したことすら忘れているかもしれません。

2.後日ぜひ個別に相談させて欲しいと言ってくる人

一緒にビジネスをしたい、もしくは是非わが社(わが家)の保険を分析して欲しい、提案してほしいということですから、長いお付き合いになることが結構あります。結果として、セミナーでお話しした内容を、自社(自分)にとって、最も有益な形で受け取れることになります。

セミナー出席が趣味のようになっていて、セミナーに参加しては「なるほど!気付きを得られてよかった!」と思う方もいるかもしれませんが、単なる自己満足になっていませんか?気付きを得るだけだったら、いろんな分野の本をたくさん読んでたほうが、ずっと情報量が多いし有効だと思います。

情報交換会とか異業種交流会というのも、単に出席して名刺交換するだけではまったく意味がないと思います。かくいうわたしも、20代のころは講演会、勉強会、異業種交流会、そのような会にたくさん出席しました。しかし、そこで得た知識、人脈が今の自分の素養づくりや人脈、ビジネスに役に立っているか?というと、ひとつとして役に立ってはいません。

その一方、30代になって心から参加したいと思って通い始めた経営塾で得られる情報、自分から教えを頂きたくて参加したセミナーなどで得た出会い。そういった「濃い情報、人脈」からすると、たった1度だけ参加してオシマイというセミナーであれば、単なる時間とお金の無駄のように思います。保険に限りませんが、何事もその道のプロに個別に相談して、ヒントを貰ってはじめて自分のものになっていくのではないでしょうか。

セミナーや勉強会に出るのであれば、講師と必ず繋がって、その方の知識を借りれる間柄になることをお勧めします。

ここで営業をする気はありませんが、「驚きの保険活用法が知りたい!」という方は、以下のバナーリンクからアクセスいただければ個別にご案内いたします。

WS000002

 

 

カテゴリー: お役立ちネタ, 雑感 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です