「行列の出来る歯医者」に行って驚いたこと


歯医者


画像の引用元:http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/akatin_z/view/20090625/1245941679

歯医者さんが苦手です。

痛いのがダメということもありますが、「キュイーン」という音や歯が削られていく感覚、それに見ず知らずの歯医者さんに、歯の生殺与奪の権利を渡しているかのような状況がどうにもダメです。歯を削って痛いということって「それ以上削ると駄目になっちゃうよ!」と歯が悲鳴をあげているような気がしませんか?あれがどうしても苦手なのです。

なによりも歯医者さんがコワイ私ですが、先日、歯ぐき全体が猛烈に痛みはじめて食事もできない状態になってしまいました。どうにかならないかとあれこれ考えましたがどうにもならず、観念して歯科医に掛かったのですが、そこで驚きの体験をしたのでご紹介します。

受けた治療はこうでした。

1.入念なカウンセリング

レントゲンを撮ってすべての歯の状態をチェックされたあとにさっそく治療!ではなく、まず若い女性の歯科衛生士から30分以上もの入念なカウンセリングを受けました。歯の状態、痛みの原因についての説明だけでなく、治療計画、通院回数と期間、治療に掛かる料金(健康保険適用のやり方だといくら、非適用のやり方だといくら)まで踏み込んでお話しされ、最後には同意書にサインを求められました。説明というよりも、まるで提案を受けているようで、斬新な驚きでした。

2.無痛治療

恥ずかしいのをこらえて「治療の痛みや音が苦手」ということを正直に伝えると、それを聞いた歯医者さんが自信を持って「ほとんどの場合、適切な麻酔処置と技術があれば、痛みを抑えることができる」「当院では出来る限り患者さんに痛みを与えない治療を心がけているので安心して欲しい」というのです。それであればと信じて治療を受けてみると・・・、本当だ、痛くない!不思議だ、不思議だと思っている間に、1回目の治療は終了してしまいました。

3.継続メンテナンス

当初、示されたプランにしたがって歯垢の除去やクリーニングの施術を受け続けると、施術後の歯は今まで体験したことがないくらいツルツルに!歯垢を除去するときなど痛みはゼロではありませんが、信頼感があるだけに受け取り方がまったく違います。これまでの歯の治療は何だったんだと思うぐらい、恐怖とはまったく無縁の通院です。

ファイナンシャルプランニングの世界では、プランナーの持つノウハウや技術力によって掛かるコストや資産形成できる額、節税効果などに雲泥の差が出ますが、歯医者さんにもコンサルテーション能力や技術力などに歴然とした差がある、ということを思い知りました。

歯科医は過当競争とよくいわれますが、この歯科医院は経営的にも、サービスレベルを上げることにより、他の歯科医院との差別化を明確に図っていたのです

よくよく調べてみるとこの歯医者さん、地元では評判の「行列が出来る歯医者」でして、土日だと数週間先まで予約でいっぱいです。なるほど!これは人気なわけだ!と納得です。

私と同じように歯の治療が苦手な方は、お近くの「無痛治療」で評判の歯医者さんに掛かってみてはいかがでしょうか。無痛治療を実施している歯科医は、こちらで検索できます。きっと「痛くない」「頼りになる」「優しい」歯医者さんが見つかると思いますよ。お勧めです。

無痛の歯科医院(痛くない歯医者)情報なら無痛歯科医院.com

(ご参考)サービス品質の低いファイナンシャルプランナーに騙されたくない方は、こちらをどうぞ。

偽物ファイナンシャルプランナーに要注意
http://www.ehoken.co.jp/blog/?p=634

電子書籍はこちらから。ご好評いただいています。
生命保険で騙されたくない方はぜひどうぞ。

Kindle版

iPhone/iPad版

BLACK APPS

BLACK APPS
あなたは生命保険で損をしている??
★★★★☆
4件の評価
App Store
カテゴリー: お役立ちネタ, 雑感 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です