僕の死に方 エンディングダイアリー500日


わたしは仕事がら、生命保険に加入して頂いたお客様から、保険金や給付金に関する請求の問い合わせをよく頂きます。請求事由は「夫が急逝した」、「ガンに掛かった」、「入院して手術を受けた」など様々ですが、一概に言えることは、人間はケガや病気になったり、亡くなったりするタイミングを選ぶことは出来ないという事実です。

さて2012年10月、ひとりのジャーナリストが41歳という若さで急逝されました。

僕の死に方 エンディングダイアリー500日




故人の名前は、金子哲雄さん。テレビのバラエティ番組などで「お得情報のプロ」として引っ張りだこだった方です。普段テレビをあまり見ない私は、生前ご活躍されている姿を殆ど知りませんでしたが、ふと本屋に立ち寄った際に、偶然にも本書と出会うことが出来ました。

本書は、金子さんが末期の肺がんという死の宣告を受けてから、自分の死に方を自分でプロデュースするという壮絶なチャレンジに挑んだ記録です。本人の努力と資質で成功され、本人曰く「男性アイドルグループの嵐より多忙だった」ほどの売れっ子ジャーナリストとなり、バラ色の人生が待っているはずの金子さんが病魔に冒され、無念の死を遂げるまでを冷静に書き綴ったものです。

以前、たった1代で数百億円の売上をあげる会社を作り上げた社長に、成功の秘訣を聞いたことがあります。返ってきたのは一言、「人のために汗をかけ!そのために毎日を誠実に真剣に生きよ!」という言葉でした。

金子さんご本人は意識していなかったと思いますが、彼がやっていたことは、まさにこの言葉どおりの生き方です。死に向かいつつある自分を題材として、誰もがいつかは自身・家族などと向かい合うことになる死に方を後世に残すのですから、その姿勢はまさにプロのジャーナリストそのものです。

「なんで、治らない病気にかかるんだよ。仕事も順調なのに、なんで人生のチャンスをもらえないんだよ。なんで、すぐ死んじゃうんだよ。なんで、今すぐ死ななきゃいけないんだ。俺、なんか悪いことしたか?ねぇ、俺が悪いのか?」

金子さんは生への未練、死への不安・絶望、それに妻への愛情などについても、決して自分を美化することなく吐露します。そして命の始末を自分で行なうと決意されてからは、お得情報のプロなりのやり方で、自身の死に関する準備を着々と進めていきます。

・亡くなったら自分の銀行口座は一時的に凍結されるので、当面の生活費は妻の口座に移すことにした

・子どもがいないので、共同墓地に妻と一緒に入れるように工面した

・自分の死後、お世話になった方に挨拶にまわってもらうように妻に頼んだ

これらの智恵は、学んで身につけられるものでは決してありません。自分でやってみて、はじめて発信できる情報ばかりでしょう。しかも、ごく親しい関係者を除いて、自分が余命いくばくかの身であることには誰にも言わずに、命の始末を進めていたというのです。実に亡くなる数日前まで、動かない身体に鞭打ち、生き続ける側の人間へ「お得情報」を発信し続けた姿が描かれています。

あとがきは、金子さんの死後、奥様が書かれています。夫の命の始末を手伝った奥様の文章には、ある種の悟りとも言える境地を感じ取ることが出来ます。
「今までと違っているのは、金子があの世側にいるということだけ。金子はあの世側に移り、私はこの世側に残った感覚…。」
この感覚は、いつか必ず誰もが実感するのではないでしょうか。夫の旅立ち方。そして残ったあとの妻の生き方。本書からは、死への立ち向かい方、死生観として大変多くの学びがありました。人間、いつ何が起こるか分かりません。生命保険に限りませんが、大切な人を守るため、いざというときへの準備はきっちりと行なっておきたいものです。

ご一読をお勧めしますが、人前での読書はお控えください。きっと、泣いてしまいますから。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です