知らないと損する!高額療養費制度を知っていますか


医療費の3割を負担してくれる、国民皆保険の国民健康保険(国保)を知らないひとはいないと思います。しかし、高額の医療費が必要になった時に更に医療費を負担してくれる、高額療養費制度を知らないひとは結構いるのでは・・。

ということで、今回はこの「高額療養費制度」を説明します。

実は日本の公的医療保険は、医療費3割負担だけじゃないのです。読んで字のごとくですが、高額な医療費が掛かった場合には、それとは別の金額支給があります。年齢・所得などによって変わりますが、70歳未満の方の場合だとこのようになります。


出典:厚生労働省ホームページ

例えば、所得区分:一般の方が入院して、1ヵ月に100万円の医療費が掛かったとします。国保しか利用しなければ、この場合の自己負担は100万円×3割=30万円です。ですが、高額療養費制度を使うことにより、自己負担限度額は80,100円+(100万円-267,000円)×1%=87,430円となります。この差額30万円-87,430円=212,570円が3ヶ月後以降に還付されるのです。(※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含まず)

しかもこの制度、「世帯合算」や「多数回該当」といった仕組みがあって、条件があえば更に還付される場合があります。「世帯合算」は、この医療費が一世帯あたりでカウントされるということで、この例だと一世帯あたりの医療費合計が80,100円以上の場合、高額療養費制度の対象になります。「多数回該当」は、直近の12か月間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合(多数回該当の場合)には、その月の負担の上限額がさらに引き下がるというものです。

その他にも、予め所得区分の認定証を持っておけば還付ではなく、病院での支払いが自己負担限度額まで(上記の例だと約9万円まで)となる制度もあります。30万円もの高額な立て替え払いが無くなりますから、とても助かりますね。


ちなみにこの制度、2年以内は遡及請求が効きます。もし2年以内に大きな出費を伴う入院・手術などをされた場合、病院や薬局などの領収書があればさかのぼって請求が出来ます。病院の領収書などを無くしてしまった!という場合でも、大丈夫。一般的に有料ではありますが、入院証明などを再発行してもらうことは可能なはずです。

もし該当する方がいれば、加入されている医療保険の窓口(保険証に記載された連絡先)に問い合わせてみましょう。

 

カテゴリー: ファイナンス, 社会保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です