2020年東京五輪が決定!交通インフラ整備によってヒト・モノ・カネの動きが劇的に変わるか?


WS000089


オリンピックスタジアムになることがほぼ確定した、新国立競技場の完成予想CGです。画像はこちらからお借りしました。前衛的なデザインで、いまからワクワクします。

そのほかの2020年東京五輪の各競技場想像図は、こちらに画像が多数リンクされております。

経済への影響についての考察は、連日マスコミで報道されておりますのでここでは触れません。

五輪開催が決まったことによって、インフラ整備が加速することになるでしょう。スタジアムやホテルなどの新築・改築で建築業界は特需を迎えるでしょうが、個人的には交通インフラが怒涛の勢いで整備されることに期待したいと思います。

こちらのエントリーでも触れましたが、かねてよりウワサがあった

・羽田空港の国際ハブ空港化

・羽田空港⇔東京駅⇔成田空港をつなぐ高速特急の新設

・老朽化した首都高速の整備

・外環自動車道、圏央道を含む、首都圏3環状高速道路の完成

・東京都区内の電車、地下鉄、バスなどの24時間運行

これらが実現されたら、ヒト・モノ・カネの動きが劇的に改善するでしょう。国内もそうでしょうが、海外からの集客や物流にも大変な好影響をもたらすのではないでしょうか。

さらには、安倍首相が世界に向けて安全をコミットしたわけですから、依然として放射能汚水漏れが報道されている福島原発の後処理の問題にもぜひプラスに働いて欲しいと思います。

参考リンク:

祝・2020年東京オリンピック開催決定!五輪がもたらす経済効果

東京五輪を引き寄せた1つの数字。五輪での薬物違反者「0」の意味。

ここ数年で東京の交通が劇的に進化しそう。どう変わるか?まとめ

カテゴリー: 時事問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です