残念ながら生命保険に入れません!どんなカラダ?


健康診断


生命保険に申し込むとき、どうしても必要になるのが「健康状態の告知」です。
通常、①「告知書」という所定の用紙への記載と②健康診断結果か人間ドックのコピー(ない場合は所定の医者での健康診断受診)を保険会社に提出して審査を受ける、という形式になります。

ここで、生命保険会社に「健康状態が芳しくない」と判断されると、
・保険料が割り増しになる
・保障が小さくなる
・特定部位が不担保となる(例:心臓の病気は保障対象外)

などの条件がつくことがあります。

最悪の場合は「謝絶」と呼ばれますが、「今回の申し込みは受けられません」と断られることもあります。いったん「謝絶」となってしまうと、その会社の保険には2度と入れなくなってしまいます。

◆どんな体だと問題になる?

がんや脳卒中など大病をした人は、自分が病気をしたという意識がありますが、簡易な手術歴があるなどの場合はどうでしょうか。以下、ケースごとに見ていきます。

★風邪に掛かっていたら?
誰でも風邪ぐらいひくことがありますが、風邪ひいていたから保険に加入できないということがあるでしょうか。実は風邪程度でも、通院したり医師に処方された薬を飲んていたりしたら、保険に加入することは出来ません。

告知書で問われる期間中に風邪で通院したことがあれば告知義務がありますし、通院したことを告知するだけでなく、「完治」したことを記入しておくことが重要です。

★太りすぎ・痩せすぎは?
告知書に身長・体重を書く欄がありますが、身長・体重のバランスによっても、保険加入ができない場合があります。BMIを基準にしています。BMIの数値が19~27の範囲であれば通常より安い料金で保険に加入できる場合もあります。

逆に30以上(身長170センチなら体重87キロ)なら「太りすぎ」、18以下(身長170センチなら体重50キロ)なら「痩せすぎ」と判定され、保険に加入できない場合があります。

★高血圧だと?

上(最高血圧)が140以上、下(最低血圧)が90以上だと、保険に加入できない場合があります。血圧が原因で保険に入れないケースが最も多いかもしれません

降圧剤を飲んでいる方の場合だと、飲んでいる薬の名称や回数などを正直に告知すれば、きちんと治療を続けているということで問題なく通ることが多いと思います。逆に、途中で治療をやめてしまった場合は注意が必要です。新たに治療をはじめてから申し込みした方がよいかもしれません。

★ポリープ・腫瘍があったら?

胃や腸のポリープ、女性だと子宮筋腫などは、比較的多くの方が患っていると思います。悪性のものでなければ、特に健康上の問題もなく、経過観察になることが多いと思います。しかし、保険加入に際しては問題になります。もちろん、ポリープがあることを医師から指摘されていれば、告知する義務もあります。

ポリープや子宮筋腫などは、手術で切除してしまえば、保険加入の査定においては印象がよくなります。切除したことで「完治した」とみなされるので、手術後1~2年してからの申し込みだと、無条件で引き受けとなる場合がほとんどです。

告知は自己申告ですから、「余計なことは言わないほうがいい」と思っている方が結構いるのですが、これは誤解です。確かに入りやすくなるかもしれませんが、のちのち「告知義務違反」と見なされて契約解除となってしまう場合があります。

実は告知は、「正確に言えば言うほど有利になる」のです。治療中という場合でも、飲んでいる薬の種類や量、改善するために行なっていること(医師の指導に従って毎日ウォーキングしているなど)を申告すれば、保険会社の評点が良くなって問題なく加入できるケースが結構あります。申し込む段階の身体の状態がどうかによって異なりますので、しっかり事前確認してから申し込みたいものです。

◆複数の保険会社に申し込んでみる手がある

実は、健康状態の審査で見られる項目やチェックポイントは、保険会社によって異なります。5年以内の手術は告知事項に該当しますが、まったく同じ告知内容でも、A保険会社では問題なく審査をパスしたのに、B保険会社には断られた。ということが起こりえます。不思議に思えるかもしれませんが、事実です。

そこで、身体の状態にあまり自身がないという場合には、複数の保険会社に申し込んでみて、よい条件で審査をパスした保険会社に加入するという手もあります。そんなことができるのか?ということですが、ほとんどの保険会社の申し込み手続きは「申し込み書類の記載」「健康状態の審査」「第1回保険料の入金」の3点がそろって初めて有効となるのです。

審査の結果、よい条件を出してきた保険会社に入金すれば、ベストでなくともベターな選択ができます。弊社のような複数の保険会社を取り扱っている代理店を使うことによって、ご自身の身体の状態にあわせて最も有利な保険を選ぶことが可能となります。

ご参考になれば幸いです。

カテゴリー: 生命保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です