アベノミクス“不況”ってホント?


あえて煽り記事に突っ込んでみます。

アベノミクス“不況”? 増える低所得/貯蓄ゼロ家庭、スーパー/コンビニ売上減

 アベノミクスによる円安と株高で、日本経済が活気づいている。今年に入り、日経平均株価は一時5割以上も上昇。そうした株高=富裕層の出動というわけで、消費市場にもその波及効果が出てきた。

 百貨店高額品部門(美術、宝飾、貴金属)の既存店売上は、昨年9月以降8カ月連続の対前年同月比プラスとなり、特に今年3月15.6%増、4月18.8%増と、尻上がりの好調ぶりを見せている。

 もっともこの高額品部門の売上シェアは、百貨店売上全体の5.5%を占めるにとどまり、さほど大きなインパクトを持つわけではない。実際、4月の百貨店の全体売上は対前年同月比0.5%減となり、4カ月ぶりにマイナスへと逆戻りした。

 一方、国民の生活購買意欲を示す全国スーパーの既存店売上は、4月で同1.9%減。前月の3月を除いて13カ月連続の対前年同月比割れである。コンビニエンスストアのそれも2.6%減で、こちらは11カ月連続の前年割れとなっている。このように、スーパーもコンビニも「アベノミクス景気どこ吹く風」といった、さえない低迷状況が続いているのだ。

以下略

本当でしょうか?個別企業の業績をみたら、どうでしょう。以下引用です。

三越伊勢丹が3月決算で全店黒字化へ

三越伊勢丹の営業利益は前期比2倍の220億円。経営統合後の最高益です。大阪店の苦戦が話題ですが、業績は絶好調です。売上高も、予想から210億円上方修正されて1兆2350億円となりました。

コンビニ膨張 他業種を侵食、大手は営業最高益

セブンイレブンなどコンビニエンスストア大手3社は、営業利益が過去最高です。

主要小売りの8割、増収増益 イオンなど最高益

スーパー大手も軒並み好調です。

これらの記事を読むと、一体どこが低迷してるのか?と訳が分からなくなります。

要は、マーケット全体のパイは縮小しているけれども、儲かってるところはたくさんある。ということだと思います。これって当たり前です。日本人の人口がどんどん減ってくなかで、国内マーケットが縮小していくのは必然。

その一方で、勝ち組もいるワケです。今の時代、海外で勝負している会社もたくさんあります。企業経営者としては、そういう状況の中でどう戦っていくかが頭の使いどころ、腕の見せどころです。冒頭の記事を書いた人は、どうも勝ち組を認めたくないか、単にアベノミクスをこき下ろしたいだけのようです。

総論で言えばアベノミクスが日本経済に影響しているのは確かでしょうが、一企業の売上とか利益にアベノミクスは一切関係ないです。翻って、ご自身の勤めている、もしくは経営している会社の今期の業績はどうでしょう。アベノミクスと何か関係してますか?

三越伊勢丹が全店黒字になったのは、アベノミクスの効果でしょうか。セブンイレブンが店内で100円で飲める本格的ドリップコーヒーを始めて大ヒットになりました。そして2013/5に発売されたばかりのセブンプレミアム・ゴールドの食パンやカップ麺などは、あっという間に爆発的な人気商品となっています。これらにアベノミクスが何か関係してますか?

全く関係ありません。すべて、企業の経営努力の成果だと思います。

貧すれば鈍する。という言葉がありますが、最近の全体論、一般論ばっかりの報道を見てると、どうも思考停止になりかけてないか?単に煽ってるだけならいいけど、本気で書いてたらやばくないか?劣化が酷すぎないか?なんて思ったりします。。。

カテゴリー: 時事問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です