恐怖!虫垂炎の手術に250万円掛かる国、アメリカ


アメリカには日本のような国民皆保険制度がなく、病気をしたら大変なことになるというエントリーを書きました。

日本の健保って実はメチャクチャ恵まれてる件

じゃ具体的にはどれくらい大変なことになるのさ?ということについて、アメリカ医療の体験談のまとめサイトがあったのでご紹介します。結構前の記事も交じっていますが、ご了承を。一部を抜粋します。
出典:http://www.urban.ne.jp/home/haruki3/america.html

———————————————————-

バカ高いアメリカの医療費
○子宮筋腫の治療費 日帰り外来手術 100万円以上
「つい2週間ほど前に、カリフォルニアに住む日本人の友人Jさんが子宮筋腫の手術を受けた。彼女の体験を通じ、アメリカの医療の実態を知った。Jさんは、手術前に、「手術の当日、退院する」と言っていたので、私はてっきり大した手術ではないのだと思っていた。

しかし、よく聞いてみると、全身麻酔をかけるので、本来なら、手術後、せめて一日、入院して安静にした方がよいのだが、入院費用を保険でカバーしきれないかもしれないので、「這ってでも当日、家に帰りたい」とのことだった。手術当日の話。手術後、目を覚ました途端、看護婦に「アンタ、2時間寝過ぎ」と言われ、突然ばんそう膏をはがされた。麻酔が切れかかって悪寒がしているのに、毛布の一枚もなく、頼んで初めて持ってきてくれる。そして、15分毎に、看護婦が「もう起きれるか。車イスに乗れるか」とチェックしに来る。後に続く患者のために、早くベッドを空けたいからだ。やっと、車イスに乗れるようになったが、誰も助けには来てくれず、自力で車イスに乗らなければならなかったということだ。

退院して一週間ほどすると、病院から請求書のコピーが届いた。施設使用料として8,200ドル請求されていた。(請求書は、直接、保険会社に送られており、本人がこれを全額支払うわけではない。)その後も病理科、麻酔科などから、皮膚組織検査料約5万円、麻酔料約8万円、血液検査約3万円の請求が次々と届いた。結局、計100万円近くの治療費がかかったわけだ。

Jさんの場合、海外旅行保険に加入しているため、全額保険でおりるはずだが、何を理由に保険料の支払いを断られるかもしれない。アメリカでは、治療を受けた際には必ず、「もし保険会社から治療費が支払われなかった場合、必ず自分で支払います」という宣誓書に署名させられるのだ。ちゃんと保険がおりるまで安心はできない。Jさんは、今回の手術で、腫瘍をすべて摘出できず、近いうちに再手術をして子宮を摘出しなければならない。今回の手術は、腹部に小さな穴を開けてカメラを通しただけで、開腹手術をしたわけでもなく、病院にいたのは半日だけ。
それで100万円もかかったため、「次の手術はいったいいくらかかるのか」と心配している。入院すれば、一日10万円以上請求されるのだ。」

———————————————————-

○出産費用 14,000ドル
「今年の10月に次男が誕生した。そのときの出産、入院費用の合計はなんと1万4,000ドル。 ほとんどが保険でカバーされているので問題ないが、日本と違い、社会保険制度が発達していないアメリカでは、個人、 会社で保険に入れない人は子供も産めない。また、このとき、 費用の請求方法にも驚かされた。なんと4枚もの請求書が届いたのだ。 アメリカでは医療が専門化されているとは聞いていたが、 医療費の請求方法もこれほど細分化されている。 もう少し患者(客)に分かりやすい方法を取ってほしいものだ。 」

[出産費用請求内訳]
 産婦人科医: 7,000ドル
 麻酔科医 : 2,000ドル
 小児科医 : 2,000ドル
 入院費  : 3,000ドル
 計    : 14,000ドル 

———————————————————–

恐ろしく高いですね・・・。前のエントリーでも書きましたが、アメリカには健康保険が存在しないため、基本的に民間の医療保険に加入するしかありません。しかしその保障内容は、日本以上に千差万別(補償される病気の種類、医療機関の指定、加入者負担の割合、控除額などが全く違う)なため、自分の加入している保険の中身をよく知っておく必要があります。また日本と違って妊娠・出産に関しても医療保険が適用されますが、歯の治療はカバーされないため、別途歯科保険に加入する必要があるようです。

そして、何でこんなに高いの?ということですが、「医療訴訟が多いため、医師の賠償保険が高額になり、それが医療費に跳ね返っているから」という見方もあるようです。「もし海外旅行中に虫垂炎になってしまい、手術を受けるとしたら!?」というランキングを見つけましたので、参考までに。ホノルルが突出して高いのがわかりますね。ホノルルで盲腸手術を受けたら250万円がすっ飛んでいきます。格安ツアーで行っても意味無し。

出典:http://dime.jp/genre/15834/

ちなみに、現在日本だと虫垂炎の医療費相場は、約40万円(うち健康保険加入者の負担額3割で12万円)くらいだそうです。

タイがメディカル・ツーリズムに力を入れていることは有名ですが、これだけ医療費が高いと海外で手術を受けるのが流行るのも理解できますね。

カテゴリー: 海外, 社会保険 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です