保険会社の選び方

一般的に生命保険会社の経営状態を判断する指標がふたつあります。

ひとつめは「ソルベンシーマージン比率」です。
ソルベンシーマージン比率は、保険業界では広く知られている保険会社の財務健全性を示す指標です。簡単に言うと、「通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる支払余力をどれだけ有しているか」を判断するための行政監督上の指標のひとつです。

たとえば先の東日本大震災などの災害や、リーマンショックのときのような株の暴落などといった通常の予測を超えて発生するリスクに対応できるだけの余裕、つまり「支払余力」があるかどうかを判断するための指標です。ソルベンシーマージン比率は、数字が大きいほど支払余力も大きいと判断されます。この数値が200%を下回った場合、監督官庁である金融庁から監督上の措置(早期是正措置)がとられることとなっています。そのため、行政上の取り扱いとしては200% を超えていれば安全な会社とみなす、とされています。

ふたつめは「格付け」です。国内で営業している生命保険会社を、民間格付機関が格付けしている情報のことです。経営状態を同業他社と較べてAAやA-、Bなどのスコアで表現したものです。

次に、最悪のケースとして「ご自身の加入されている生命保険会社が破たんしたらどうなるか」です。日本には、生命保険会社の破綻から保険契約者の保護を図る目的で、「生命保険契約者保護機構」という法人があり、国内で事業を行う全ての生命保険会社が会員として加入しています。

万一、生命保険会社が経営破たんすると、この保護機構が資金援助等を行ないます。保険契約の継続に向けた手続(行政手続か会社更生手続かのいずれか)が取られるのですが、いずれの場合も保険契約は継続され、保護機構によって、破綻時点の保険契約の責任準備金等の90%までが補償されます。

責任準備金とは、生命保険会社が将来の保険金・年金・給付金の支払いに備え、保険料や運用収益などを財源として積み立てている準備金のことで、保険業法によって、生命保険会社に積み立てが義務付けられているお金です。

気をつけたいのが、たとえば「1000 万円の死亡保険金が出る契約」に加入していたとして、「900 万円の死亡保険金を受け取る権利は保障される」または「積み立て部分の9割は補償される」ということにならないということです。破たんした保険会社の契約は、その契約を承継した会社が利率などを決めることができますから、消費者にとって不利な条件に変更される可能性があります。

保険会社の安全性はとても大切なことです。何十年先もの生命保険会社の存続状況などを見通せる人はいませんが、加入してすぐに破たんされてしまった、というようなことを防ぐために、加入する前に一度はその会社の健全性はどうか? という観点で確認したいものです。

カテゴリー: 法人向け生命保険のキホン パーマリンク